大手消費者金融をはじめ中堅消費者金融まで、多くの貸金業者の経営を圧迫しているのは、
ひとつには「過払い問題」があります。
これは、貸金業法完全施行前(H22.6.17以前)に契約したものが、利息制限法を上回っていた場合は、旧貸金業規制法第43条(みなし弁済)が適用される場合を除いて、上回っている部分の支払利息が元金に充当、又は返還されるケースがあるというものです。
現実には、みなし弁済が適用される場合はほとんどありませんから、完全施行前の利息制限法を上回った契約のほぼ全てに適用されています。
この過払い請求案件は、弁護士・司法書士を通して昨今激増しており、この過払い金の総額は、10兆円とも30兆円規模とも言われており、実際、多くの消費者金融会社が廃業に追い込まれています。
またピークを過ぎた現在でも、日々、過払い請求案件は発生しており、消費者金融会社の経営を圧迫し続けています。

♦アローが過払いに無縁な理由

しかし、アローはこの「過払い」には無縁の消費者金融になります。
株式会社アローの貸金業登録は、平成22年5月です。この時期は改貸金業法完全施行を目前に控えた時期であり、当然、アローは法改正後の金利水準を見据えたえたうえで営業を開始しています。このためもちろん、アローの貸出しは全て利息制限法以内の金利で実施しています。
現在、審査の通りやすい中堅消費者金融は数社ありますが、アローのように改正貸金業法完全施行後を見据えた新興業者は、老舗業者と違い、過払いとは無縁です。この事実は、資金力という面で大きなアドバンテージになります。
アローの可決率や融資額が他よりも高い秘密のひとつかもしれません。

 

※当サイトは「キャッシング研究所」がプロデュースする、消費者金融アロー専用の情報サイトです。
キャッシング情報サイトの中には、「審査が甘い」ことを強調しただけの単なる宣伝目的のサイトも多く存在しますが、当サイトでは、消費者金融業界に詳しい専門スタッフが、アローでの借入と審査について徹底調査、解説しています。
記事の内容はどこにも負けていないと自信を持っています。
安心安全なキャッシングに役立てて下さい。

アローへの申込みはこちらの公式ホームページからどうぞ!

この記事を読まれた方はこちらの記事も読んでいます。