アローの安全性については、「アローが安心・安全な理由」のカテゴリで既に説明しましので、株式会社アローが安全性の高い正規の登録会社だということは理解していただいたと思います。
またインターネット上の口コミでも悪い情報がほとんど見受けられません。(中には、「個人情報を収集しているだけ」といった口コミもありますが、このような類は、審査が落ちた人が書きこむ常套句です。)
このように利用者からの評判はかなり良いのですが、もし株式会社アローとの取引に関して苦情・クレームを申し出たいような事案が発生した場合はどうすれば良いのでしょうか。
各苦情・クレームの状況に応じて下記の対応をおすすめします。

≪第1段階≫
株式会社アローの「お客様相談センター」へ相談する
株式会社アローでは、「お客様相談センター」を自社で設けていますので、まずはこちらへ相談をするのが良いでしょう。
こちらに相談することで、多くの問題は解決することができるでしょう。
・株式会社アローお客様相談センター
℡:(052)533-0711

≪第2段階≫
○「日本貸金業協会貸金業相談・紛争解決センター」へ相談する
平成22年10月1日より貸金業を含む金融分野にADR制度(訴訟に代わる、あっせん、調停、仲裁等の当事者の合意に基づく紛争の解決方法)が導入され、日本貸金業協会が指定紛争解決機関としての指定を受けました。
こちらに相談があれば、紛争解決委員(弁護士)が中立公正の立場で交渉を仲介し、和解案を提示して和解による解決を図るとされています。
苦情・クレームを専門家に相談したくても費用がかかるため、なかなか自前では難しいと思います。
「日本貸金業協会貸金業相談・紛争解決センター」では専門弁護士による仲介を格安の費用で利用できます。
また、債務整理の方法等についての助言や情報提供、再発防止のカウンセリングや家計管理の実行支援も行っています。(相談や苦情の申立、貸付自粛制度の利用については手数料等の費用はかかりません。)
・日本貸金業協会 貸金業相談・紛争可決センター紛争受付課
℡:03-5739-3863
月曜~金曜日 9:30~17:30(祝日・12月29日より1月4日までを除く)

≪第3段階≫
○所轄行政に相談する
アローは愛知県知事登録なので、担当部署は「愛知県産業労働部中小企業金融課」になります。
こちらはアローをはじめ貸金業者を監督する立場にありますので、最終的にはこちらに相談すれば、消費者側に立った目線で業者に指導をしることになります。
(ただし客観的に見て理不尽な苦情・クレームの場合は受け入れられない場合もあります。)
・愛知県産業労働部中小企業金融課
℡:052-954-6334

※当サイトは「キャッシング研究所」がプロデュースする、消費者金融アロー専用の情報サイトです。
キャッシング情報サイトの中には、「審査が甘い」ことを強調しただけの単なる宣伝目的のサイトも多く存在しますが、当サイトでは、消費者金融業界に詳しい専門スタッフが、アローでの借入と審査について徹底調査、解説しています。
記事の内容はどこにも負けていないと自信を持っています。
安心安全なキャッシングに役立てて下さい。アロー

この記事を読まれた方はこちらの記事も読んでいます。