現在、消費者金融でのキャッシングを利用するためには、身分証、収入証明などの提出しなくてはならない書面があります。
提出が必要な書面の種類は、会社によって様々です。今回は、アローのキャッシングを利用するために、必要な書面をまとめてみました。

♦アローのキャッシングに必要な書面など

【本人確認書類】
○身分証明書写し
・運転免許証 ⇒運転免許証をお持ちでない方は、健康保険証またはパスポート
(書類に記載された住所が申込住所と異なる場合、現住所が記載された書類も必要)

【収入を明らかにする書面】
○収入を証明できる書面(下記の内、最低 1 点以上)
・源泉徴収票(最新のもの)
・確定申告書(最新のもの)
・給与明細書(直近2ヶ月分)
・その他(所得証明書等の年収額が確認出来るもの)

その他、場合によっては、公共料金の利用明細など居住を確認する書面の提出を求められることもありますが、基本的にアローへの提出必要書面の数は、同業他社に比べて多くはありません。書面の提出方法は、FAX、メール、郵送など様々あるので、担当に相談して下さい。

♦給料明細より源泉徴収票などの提出がおすすめ

また、消費者金融業者は、申込者より提出された【収入を明らかする書面】を確認し、総量規制に抵触していないか判別をしています。
提出された書面が、源泉徴収票や確定申告書の場合は年収額は明らかになっていますが、給料明細2ヵ月分の場合はそれを基に年収額を計算することになります。
年収額の算出は下記のような方法になります。
①2カ月分の給料を足して2で割って平均給料額を算出。
②1ヵ月の平均給料×12ヵ月で年収額を算出。
この方法ですと、ボーナス分の加算がされないので、どうしても本来の年収額より低く算定されることが多くなります。
紛失などで提出できない場合は、やむを得ないですが、可能であれば、給料明細2ヵ月分ではなく、源泉徴収票などを提出した方が、審査では有利になります。

 

※当サイトは「キャッシング研究所」がプロデュースする、消費者金融アロー専用の情報サイトです。
キャッシング情報サイトの中には、「審査が甘い」ことを強調しただけの単なる宣伝目的のサイトも多く存在しますが、当サイトでは、消費者金融業界に詳しい専門スタッフが、アローでの借入と審査について徹底調査、解説しています。
記事の内容はどこにも負けていないと自信を持っています。
安心安全なキャッシングに役立てて下さい。

アローへの申込みはこちらの公式ホームページからどうぞ!

この記事を読まれた方はこちらの記事も読んでいます。