株式会社アローのキャッシング審査は一次審査と二次審査があります。
≪1次審査≫属性(申込みフォームに入力する内容)と指定信用情報機関の内容での審査
≪2次審査≫本人確認、在籍、生活状況や他社借入状況などの詳細確認
(破産、債務整理をした方でも審査可能な中堅消費者金融会社は、二次審査を設けている会社が多く、生活状況の詳細確認などのヒアリングも実施されることが多くあります。)

※1次審査の通過ポイント

【申込みの最低条件をクリアしているか】
まず、アローに申込みをするには、以下の条件をクリアしなければなりません。
・20歳~65歳
・健康保険に加入している
・無職ではない(主婦は除外)
・現在、他社の返済が遅れていない
・自営業の場合、確定申告等年収証明が提出できる

【借入れは総量規制の範囲内か】
既存の借入額が、総量規制の範囲内であることは重要なポイントです。
これがクリアしていなければ、その他の条件がいくら良くても、審査は通過しません。借入額は指定信用情報機関の調査で判明するので、嘘をついて申込みをしてもバレてしまいます。

【居住年数・勤務年数】
居住年数や勤務年数があまり短い場合も審査が通過しない可能性があります。
消費者金融の審査は「安定性重視」なので、どちらも、少なくとも、半年~1年は欲しいところです。
しかし、居住年数であれば単身赴任や転勤などの事情や、勤務年数であれば、配属移動などの事情などもあります。このような場合は、本来の趣旨である「安定性」の評価とは、関係ありません。
このように、居住年数や勤務年数が少ないことに、特段の事情があれば、申込みフォームの「備考欄」に入力しておいた方が良いでしょう。

【収入】
収入については、源泉徴収票や給料明細などで、裏付けを求められることが多いので、嘘は入力できません。
年収が300万円以上あれば、総量規制の範囲内であれば可決の可能性はかなり高まります。
しかし、年収が200万円を切る場合は、審査はかなり微妙です。
例えば、夫婦子供2人の4人家族で、世帯全体での年収が200万を切るような場合は、キャッシングの利用は困難と判断される可能性が高くなります。
逆に、独身で、実家に暮らしている等、自分の収入を全て自分自身で使用できる環境の人は支払能力有りと判断される可能性が高まります。
念のため、低所得でも返済が可能な根拠を、申込みフォームの「備考欄」に入力しておいた方が良いでしょう。

※2次審査の通過ポイント

【ヒアリング】
担当と直接話をする場合は確認されたことは正直に話すことが重要です。(嘘をついたり、ごまかしたりすると、結局不信感を与えてしまいます。指定信用情報機関で他社の利用状況などは把握されています。)
また、受け取り方によっては、プライベートなことを根掘り葉掘り聞かれて無礼に感じる人もいるようですが、もちろん担当に悪意はありません。出来る限り審査を通したいという気持ちで行ってるはずです。(そもそも可決見込みがない人に時間をかけてヒアリングを行うことはありません)
こちらも出来る限りの誠意を持って対応して下さい。

【在籍確認】
自宅、勤務先などに電話をして在籍確認が行われます。電話をかける時間帯や電話をする人の男性女性別など、家族や勤務先にバレないように在籍の取り方は相談に乗ってくれます。担当に相談すると良いでしょう。

 

※当サイトは「キャッシング研究所」がプロデュースする、消費者金融アロー専用の情報サイトです。
キャッシング情報サイトの中には、「審査が甘い」ことを強調しただけの単なる宣伝目的のサイトも多く存在しますが、当サイトでは、消費者金融業界に詳しい専門スタッフが、アローでの借入と審査について徹底調査、解説しています。
記事の内容はどこにも負けていないと自信を持っています。
安心安全なキャッシングに役立てて下さい。

アローへの申込みはこちらの公式ホームページからどうぞ!アロー
アロー

アロー

この記事を読まれた方はこちらの記事も読んでいます。