♦総量規制に抵触した場合、フリーローンの利用は出来ない

「総量規制」とは、平成22年の貸金業法改正で設定された、年収の3分の1を超える貸出制限のことを言います。
例えば、年収が300万円の場合は、総負債額が100万円を超える貸出しは禁止ということになります。
また、無職無収入の専業主婦のように、自分自身での収入がない人への貸出しも原則、出来なくなりました。
(配偶者の同意を得るといった貸出しもありますが、一般的ではありません。)
これは、貸金業者が守らなければならない、「貸金業法」という法律で決まっているので、消費者金融業者などの貸金業者は、これを違反した貸出しはできません。もちろん、アローにも適用されています。

このため、総量規制を超えた借入れがある場合は、残念ながら、アローでは、使途自由のフリーローンの利用は出来ません。
また、消費者金融業者には定期的に指定信用情報機関を利用して、顧客の借入額が総量規制の範囲を超えていないか調査することが義務付けられているので、負債が増えれば、枠内利用もストップしてしまう可能性もあります。

♦おまとめローンは総量規制の例外

しかし、総量規制には例外もあります。その代表的なものが「貸金業法に基づく借換ローン(おまとめローン)」です。しかも、この借換ローンは「顧客に一方的に有利となる」ことが条件なので、新たに、担保、保証人は必要ありません。
つまり借換ローンはユーザーにとっては、担保、保証人を付けずに高額融資が受けられるし、消費者金融業者にとっても、総量規制に抵触してても貸出しが出来るという、双方にメリットがある商品というわけです。
株式会社アローでは、この借換ローンの取り扱いを行っています。

ただし、アローに確認したところ、この「貸金業法に基づく借換ローン(おまとめローン)」が取り扱われるのは、主に増額時においてであって、新規での取り扱い実績はほとんどないようです。
新規融資時は、金額を低く押さえたフリーローンをメインとして、不良顧客を低い金額の間に淘汰し、優良顧客のみに高額融資を行うといった営業戦略だからでしょう。

他社に複数の借入があって、月々の返済に苦労している人は、アローで取引を続けていけば、実績次第で高額な借換えローンの融資も夢ではありません。

 

※当サイトは「キャッシング研究所」がプロデュースする、消費者金融アロー専用の情報サイトです。
キャッシング情報サイトの中には、「審査が甘い」ことを強調しただけの単なる宣伝目的のサイトも多く存在しますが、当サイトでは、消費者金融業界に詳しい専門スタッフが、アローでの借入と審査について徹底調査、解説しています。
記事の内容はどこにも負けていないと自信を持っています。
安心安全なキャッシングに役立てて下さい。

アローへの申込みはこちらの公式ホームページからどうぞ!

この記事を読まれた方はこちらの記事も読んでいます。