現在、アローでは最短で申込みをした当日に融資が可能な即日キャッシングに対応しています。
これは契約書類の取り交わしをする前に、銀行口座へ振込融資をすることで実現するサービスです。
しかし、審査上の判断によっては、即日キャッシングに対応できないケースもあり、実際に対応出来ない方もいるようです。
審査基準については、アローに確認しても明確な回答はもらえませんが、現実的にはどのような方が対応できないのでしょうか。

【即日キャッシングのリスク】
消費者金融会社が即日キャッシングを行うことで生じるリスクは、
①契約書類が戻ってこない
②上記に伴う顧客管理のコスト
という契約証書未取得に関連する事になります。
もちろん、契約証書が戻ってこなくても、契約自体は成立していますが、顧客が契約を否認した際などの対抗要件が乏しくなるので望ましいことではありません。
つまり、アローで即日融資可能と判断される方は、契約書類が戻ってこない可能性が低いと判断された方になります。

【即日キャッシングとなる可能性が高い人、低い人】
このようなことからも、以下の属性の方は、即日融資が困難となる可能性もあると考えられます。
①独身で一人暮らし
②居住年数が浅い
その逆に、
①家族同居
②居住年数が長い
といった方は、即日キャッシング可能なケースが高いと言えるでしょう。
また、“自宅に固定電話がある”ということも大きなアピールポイントになります。

いずれにしても、即日融資が困難なケースも考えられるので、ゆとりをもった申込みをおすすめします。

≪独自審査≫株式会社アローのWEBキャッシング!過去に自己破産・債務整理された方もまずはご相談下さい。(要審査)


※当サイトは「キャッシング研究所」がプロデュースする、消費者金融アロー専用の情報サイトです。
キャッシング情報サイトの中には、「審査が甘い」ことを強調しただけの単なる宣伝目的のサイトも多く存在しますが、当サイトでは、消費者金融業界に詳しい専門スタッフが、アローでの借入と審査について徹底調査、解説しています。
記事の内容はどこにも負けていないと自信を持っています。
安心安全なキャッシングに役立てて下さい。

この記事を読まれた方はこちらの記事も読んでいます。