アローでは、過去に自己破産、債務整理された方でも審査対象にしています。
一見、リスクが高いと思われる層に貸し出しするのには、次のような理由が考えられます。
①自己破産または債務整理によって、一度負債がクリアされているため、逆に現在破産・債務整理になりそうな多重債務者の方よりリスクが少ない
②大手消費者金融会社では、審査対象外としているところが多く競合他社が少ない
③現在は、総量規制のため、負債は年収の3分の1までしか増加しないので、負債が増加しにくい

≪自己破産している方の審査≫
・免責がおりていれば、審査対象
・自己破産後、既に他の消費者金融会社で借り入れがあっても審査対象

≪債務整理している方の審査≫
・債務整理中、債務整理和解支払い中の方も審査対象
・民事再生、過払い返還した方も審査対象

中堅消費者金融会社の中には、アローの他にも、自己破産や債務整理をした方を審査対象にしている会社があります。しかし、実際に審査に通るのは、5%以下といったところです。(中には可決率が1%以下の会社もあります。)
対してアローの可決率は、当サイトの調査では6%~8%前後という結果でした。
アローの可決率についてはこちらの記事を参照

※当サイトは「キャッシング研究所」がプロデュースする、消費者金融アロー専用の情報サイトです。
キャッシング情報サイトの中には、「審査が甘い」ことを強調しただけの単なる宣伝目的のサイトも多く存在しますが、当サイトでは、消費者金融業界に詳しい専門スタッフが、アローでの借入と審査について徹底調査、解説しています。
記事の内容はどこにも負けていないと自信を持っています。
安心安全なキャッシングに役立てて下さい。

この記事を読まれた方はこちらの記事も読んでいます。