当サイトや姉妹サイトで何度も記載していますが、消費者金融業界の繁忙期は、3月~4月と8月後半~9月です。この時期の申込み件数は、通常の1.5倍ほどにも増加しますが、その他の時期の申込みは比較的落ち着くことになります。
アローの申込みも概ねこのような傾向です。
もちろん繁忙期とそうでない時期で極端に審査基準が変わるわけではありませんが、閑散期の時期は、繁忙期であれば属性審査で否決とされる方も可決となる可能性が高くなることはご存知でしょうか。

♦繁忙期・閑散期の審査の違い

アローでは審査にカウンセリングを用いることもありますが、その、前の段階で、属性審査があります。この属性審査に通過しなければ、審査はカウンセリングまで進みません。
通常、繁忙期の時期は、申込件数に困らないので、悪い属性の方まで無理をして可決にしようとはしませんが、閑散期は、悪い属性の方までより丁寧な審査をする傾向があります。
前述したように、審査基準に極端な違いはでませんが、この僅かな審査の差で、可決否決が決まるケースもあるのであなどれません。これは人手の少ない、中小業者の場合、よくある現象です。

♦アローの審査は完全自動化ではない

アローで新規申込みした場合、連絡が入るのは一次審査が可決となった方のみで否決となった方に連絡は入りません。これは、日々、多くの申込みを処理するために、否決者へ連絡するという業務をコストカットしているということでしょう。
また、アローがそれらの処理を自動化しておらずマンパワーによる業務になっていることとも推測されます。
つまり、アローの審査は、完全自動化ではなく、いまだマンパワーによる部分が大きいということでしょう。
このような場合は、やはり、閑散期にはより丁寧な審査を行う傾向になります。

♦これからの時期がチャンス

アローでは平成28年7月1日から9月30日までの繁忙期の間、【新規獲得大キャンペーン】を実施していました。
繁忙期に合わせたキャンペーンなので、この間、かなり多くの申込みが集中していたようです。もちろん貸出件数も通常時より多くなっていましたが、悪い属性の方を丁寧に審査して可決にすることまでは、なかなかできなかったはずです。
繁忙期も終わった10月からの時期は、例年、申込件数も落ち着いてきます。
属性に自信がない方は、逆にこれからの時期は申込みのチャンスです。

※当サイトは「キャッシング研究所」がプロデュースする、消費者金融アロー専用の情報サイトです。
キャッシング情報サイトの中には、「審査が甘い」ことを強調しただけの単なる宣伝目的のサイトも多く存在しますが、当サイトでは、消費者金融業界に詳しい専門スタッフが、アローでの借入と審査について徹底調査、解説しています。
記事の内容はどこにも負けていないと自信を持っています。
安心安全なキャッシングに役立てて下さい。

この記事を読まれた方はこちらの記事も読んでいます。