キャッシング審査の中で、「過去に金融トラブルはありましたか?」などの質問をさえることがあります。
アローでは、申込みフォームに、【債務整理等の経歴】という入力欄を設けており、申込み時に入力することになっています。

債務整理の経緯

債務整理等の経歴を以下の中から選択し、入力します。
・なし
・自己破産
・債務整理
・個人再生
・特定調停
・現在延滞中
・過去延滞有り

もちろん何もなければ、「なし」と入力すれば問題有りませんが、心当たりがある場合にも、「正直に回答したら審査に落ちるかも」とつい思ってしまい、嘘の申告をしてしまう人もいるかもしれません。
しかし、大抵のことは指定信用情報機関の調査で判明するので要注意です。

♦金融事故歴の嘘はバレやすい

本来、破産・債務整理・調停申立・訴訟など法的回収手続きは、発生日から5年を超えない期間は指定信用情報機関に登録されるという決まりになっています。このため、本来、自己破産・債務整理などの手続きから5年経過したら、その情報は抹消され、消費者金融が審査をする際にも、申込者が申告しない限り、わからないはずです。
しかし現実は、更新漏れ、更新ミスが多々あって、5年どころか、10年以上前の事故情報が抹消されていないケースもあります。
仮に、事故情報が抹消されていて、指定信用情報機関の調査上では、”現在どこからも借入が無い”状態になっていても、中堅消費者金融に、どこからも借入をしたことが無い人が、申し込みをするのは不自然であるため、かえって疑われることにもなります。

♦金融事故はネガティブ情報にならない

もともと、アローでは、自己破産や債務整理をした方も審査対象にしていることを公表しています。これは、多重債務者に融資をするよりも、自己破産や債務整理で、過去の借金が清算されている方が、リスクが低いと判断した営業スタイルです。
「現在延滞中」の場合は、さすがに審査が通過する見込みはありませんが、それ以外の金融事故を、アローではネガティブな情報として取り扱っていないはずです。
逆に、不自然な嘘をつくと、かえって不審に思われ、否決となる可能性が高まります。
過去の金融事故の事実は、隠さずに正直に回答するべきです。
その方が、不信感持たれずに、良い結果を招くでしょう。

 

≪独自審査≫株式会社アローのWEBキャッシング!
過去に自己破産・債務整理された方もまずはご相談下さい。(要審査)


※当サイトは「キャッシング研究所」がプロデュースする、消費者金融アロー専用の情報サイトです。
キャッシング情報サイトの中には、「審査が甘い」ことを強調しただけの単なる宣伝目的のサイトも多く存在しますが、当サイトでは、消費者金融業界に詳しい専門スタッフが、アローでの借入と審査について徹底調査、解説しています。
記事の内容はどこにも負けていないと自信を持っています。
安心安全なキャッシングに役立てて下さい。

この記事を読まれた方はこちらの記事も読んでいます。