アローでWEBキャッシングの申込みをするには、【新規お申込みフォーム】への入力が必要です。
【新規お申込みフォーム】の最後には、「備考欄」としてフリースペースが設けられています。

 

備考欄

 

ここへ何か入力するかどうかは必須事項ではないので自由なのですが、このような備考欄は記載のしかたによっては、審査する側に悪い影響を与えてしまう可能性があるので注意が必要です。

≪悪い入力例≫

●本当にお金に困っています。少しでもよいので融資してください。
●子供の通院代の支払いができず、困っています。必ず返済しますので、融資してください。
このような泣き言を入力するのは、切羽詰まりすぎていて、かえって審査の逆効果になる可能性があります。
消費者金融会社が申込者に同情して可決にするようなことは絶対ありません。ですのでこのような入力はやめておいた方が良いでしょう。

≪良い入力例≫

●3年前に債務整理手続きをしましたが、現在全て支払い完了しています。
●私自身は、パート勤務になりますが、夫は、公務員として30年勤務しております。
このように、マイナス情報でも正直に伝えたり、世帯での収入に安定性があることをアピールすることは、有利に働く可能性もあります。

このように「備考欄」には、【新規お申込みフォーム】に入力しきれなかった、アピールポイントを上手に入力して活用するのが良いでしょう。

 

※当サイトは「キャッシング研究所」がプロデュースする、消費者金融アロー専用の情報サイトです。
キャッシング情報サイトの中には、「審査が甘い」ことを強調しただけの単なる宣伝目的のサイトも多く存在しますが、当サイトでは、消費者金融業界に詳しい専門スタッフが、アローでの借入と審査について徹底調査、解説しています。
記事の内容はどこにも負けていないと自信を持っています。
安心安全なキャッシングに役立てて下さい。

この記事を読まれた方はこちらの記事も読んでいます。