アローのように冬季休業期間を設けている(平成28年度は、12月29日~1月5日まで休業)消費者金融会社の新春早々の申込みは、例年込み合うのが普通です。
休業期間もネットでの申込みは受付しているので、その間に溜まっている申込みも合わせると、年間で一番込み合う時期かもしれません。
このため、通常の月よりも、審査結果の報告などが、遅れがちになり、即日融資などは困難となる可能性もあります。
いずれにしても、ある程度、気持ちに余裕を持って、申込みすることが必要になってきます。

♦新春早々は承認率も下がる

また、申込みが集中する新春早々は、全体の承認率もやや下がる傾向があります。これは、アローのように、機械審査に頼らず、審査担当者の経験やヒアリングを重視している会社では、審査が集中した場合、よく見られる傾向です。
全体的な申込み件数が集中すると、審査担当者も選り好みをするといったことも影響しているかもしれません。

♦1月は需要期

これらのことを考慮すると、新春早々の混雑を避けて、第二週目以降の申込みがおすすめです。正月明けは、本来、消費者金融業界にとって、需要期にあたります。又、1月という月は、冬季休業期間も挟むので、営業日数も通常月よりも少なくなります。このため、月間の営業目標達成のために、承認率は月の後半は上がってくるはずです。
1月の新春早々のタイミングを過ぎれば、承認率は期待ができそうです。


※当サイトは「キャッシング研究所」がプロデュースする、消費者金融アロー専用の情報サイトです。
キャッシング情報サイトの中には、「審査が甘い」ことを強調しただけの単なる宣伝目的のサイトも多く存在しますが、当サイトでは、消費者金融業界に詳しい専門スタッフが、アローでの借入と審査について徹底調査、解説しています。
記事の内容はどこにも負けていないと自信を持っています。
安心安全なキャッシングに役立てて下さい。

この記事を読まれた方はこちらの記事も読んでいます。