当サイトでも繰り返し記事にしてきましたが、現在、アローでは、自己破産や債務整理をした方も審査対象としています。
このことは、インターネット上の口コミや評判などでご存じの方も多いと思います。
しかし、
「自己破産や債務整理をしたことは、何も聞かれなければ、こちらから言う必要はない」
「できるなら、そのことがばれない方が審査に通りやすい」
と感じている方も多くアローの審査についても、
“自己破産や債務整理をした方も無理して審査はするが、できればそのような状態でないほうが望ましい”
というイメージを持たれている方が多いと思われます。
しかし、逆の考え方もあります。

♦むしろ自己破産や債務整理をした方は大歓迎

アローでは、WEBキャッシングを開始した当初から、自己破産や債務整理をした方も審査を行うということは公表しています。
これは企業として、積極的にそこの層の顧客をターゲットにしているということです。
もっとハッキリ言ってしまうと、“自己破産や債務整理をしていない多重債務者よりも自己破産や債務整理などで負債がクリアされている方が安心して融資ができる”
ということです。

♦指定信用情報機関の調査での勘違い審査落ち

このように、アローの審査においては、むしろ過去に自己破産や債務整理をしていることはアピールポイントになっています。
よって積極的にその事実はアピールして下さい。
アローに申込みをした場合には、指定信用情報機関への返済能力調査の照会が行われます。
通常、この調査で、過去、自己破産や債務整理をしていたことは判明するのですが、中には、業者の更新漏れや報告漏れなどで、その情報が指定信用情報機関に更新していないケースもあります。そのような場合の情報は、もう何年も返済を放置して延滞を続けている方というように認識されてしまう可能性が高いのです。
実は、このような業者による更新漏れが、自己破産の場合は非常に多く、審査側でも、一見、返済を放置している人か、自己破産をした方か区別がつかないケースが多いのです。
中には、自己破産していることが最初からわかっていれば可決となったのに、長期延滞者と勘違いされて否決になった方も多いと思われます。

♦むしろ積極的にアピール

このように、今や、自己破産や債務整理をした経験は、キャッシングを利用するのに、決してネガティブな情報ではありません。むしろ、長期延滞者と勘違いされて審査落ちしないように積極的にアピールしてゆくことをおすすめします。
自己破産や債務整理をしている方は、新規申込み時に、申込みフォームの【債務整理等の経歴】欄に入力しておくと良いでしょう。

 

 

※当サイトは「キャッシング研究所」がプロデュースする、消費者金融アロー専用の情報サイトです。
キャッシング情報サイトの中には、「審査が甘い」ことを強調しただけの単なる宣伝目的のサイトも多く存在しますが、当サイトでは、消費者金融業界に詳しい専門スタッフが、アローでの借入と審査について徹底調査、解説しています。
記事の内容はどこにも負けていないと自信を持っています。
安心安全なキャッシングに役立てて下さい。

この記事を読まれた方はこちらの記事も読んでいます。