アローをはじめ消費者金融会社の申込みをするときに、
「生活費に困っていて、もうここしか頼る所がありません。どうかお願いします。」
「子供の医療費が足りず、どうしても必要です。どうかお願いします。」
といった同情を誘うような泣き言を担当者に言ったり、入力したりしていませんか?

何とかして借りたい!といった気持はわかりますが、このような泣き言は逆効果となることもあるので注意が必要です。
消費者金融会社が申込者に同情して、本来の審査基準を超えて融資をすることは、まずあり得ないでしょう。

以前、「アローの「備考欄」には何を入力するのか」でも触れましたが、
審査担当者に、必要以上に切羽詰まった印象をあたえることは得策ではないでしょう。
本来、可決予定だったものまで、否決となってしまうことも考えられます。
それと同じで、融資までの時間を必要以上に焦っている方も、逆に敬遠されることになります。

なぜなら、これから融資をしようという相手が、切羽詰まって焦りまくっているということは、消費者金融会社からすれば
「このような状態の人に融資して、はたしてきちんと返済いただけるのだろうか。融資は控えた方が無難かもしれない。」
と思われる可能性があるからです。
アローのキャッシング審査に向かうときは、焦る気持ちをグッと抑えて、毅然とした態度で望み、返済能力・意思のあるところをぜひ見せましょう。
株式会社アローへの申込みはこちらからどうぞ!


※当サイトは「キャッシング研究所」がプロデュースする、消費者金融アロー専用の情報サイトです。
キャッシング情報サイトの中には、「審査が甘い」ことを強調しただけの単なる宣伝目的のサイトも多く存在しますが、当サイトでは、消費者金融業界に詳しい専門スタッフが、アローでの借入と審査について徹底調査、解説しています。
記事の内容はどこにも負けていないと自信を持っています。
安心安全なキャッシングに役立てて下さい。

この記事を読まれた方はこちらの記事も読んでいます。