株式会社アローをはじめ、いわゆる中堅消費者金融会社には、「消費者金融を初めて利用する方」からの申込みはほとんどありません。
これは利用者の立場からは当然で、安心感・サービスあらゆる面で、大手消費者金融会社を利用した方が、利便性は高いので、最初に借入の申込みをするのはどうしても大手からになります。
大手消費者金融会社の審査が通過するのであれば、間違いなくそちらからのご利用をおすすめします。

このような状況なので中堅消費者金融会社では、指定信用情報機関を利用した返済能力調査で、どこからも借入した形跡がないと逆に不審に思われてしまう傾向があります。
(生年月日や氏名などを偽って申告している詐欺ではないかと勘繰られる可能性があります)
しかし指定信用情報機関の登録期間は、破産債務整理調停申立・訴訟など法的回収手続き」「完済情報」5年を超えない期間となっていますから、5年以上前に破産債務整理をした方や、完済をしている方は、指定信用情報機関で確認しても、借入した形跡が信用情報から消えてしまっているという状況がおこります。
ならば、破産して5年経過していたら最初から大手消費者金融会社に申込みをすれば良いのではと思われます。
確かにそれも一理あるので、駄目もとで申込みをしてみるのも良いでしょう。

しかし下記の理由で審査に通過しない可能性はあります。
破産した当時、その大手消費者金融会社から借入をしていた。
(統廃合で会社名は変更しているかもしれません。)
消費者金融会社の更新漏れなどで指定信用情報機関の情報が適正に更新されておらず、事故情報や利用情報が残ったままになっている。
(通常、破産が免責に至った場合は完済情報として更新されますが、それを怠っている消費者金融会社は多くあります。)

大手で利用できなかった場合は、株式会社アローのような中堅消費者金融会社に申込みをすることになりますが、ここでは逆に指定信用情報機関に利用情報が抹消されていることが、不審感を招くことになる場合があります。
本来、融資対象になっているのに指定信用情報機関の情報が抹消されているばかりに詐欺ではないかと疑われて、融資が受けれないのは非常に残念です。

このため、株式会社アローに申込みをする時には、【新規お申し込みフォーム】の最後にある「備考欄」に、過去消費者金融会社を利用していたことや、破産・債務整理をしたことがあるなど、「現在、どこからも借入がないのに、なぜ申込をしてきたのか」とあらぬ疑いをもたれないように、最初に理由を入力しておいたほうが良いでしょう。
もちろん、通常の審査によって否決になる場合もありますが、あらぬ不審感を持たれての否決は防ぐことができるでしょう。

株式会社アロー来店不要!WEB申込で24時間受付中!


※当サイトは「キャッシング研究所」がプロデュースする、消費者金融アロー専用の情報サイトです。
キャッシング情報サイトの中には、「審査が甘い」ことを強調しただけの単なる宣伝目的のサイトも多く存在しますが、当サイトでは、消費者金融業界に詳しい専門スタッフが、アローでの借入と審査について徹底調査、解説しています。
記事の内容はどこにも負けていないと自信を持っています。
安心安全なキャッシングに役立てて下さい。

この記事を読まれた方はこちらの記事も読んでいます。