アローをはじめ、現在、多くの消費者金融会社がインターネットから申込みが可能な、いわゆるWEBキャッシングを採用しています。
来店の必要もなく、24時間365日、申込みが可能なので利便性も良く、スマートフォンが普及している、現代にマッチした申込み方法だと言えます。
このWEBキャッシングを導入することで、ユーザー側だけでなく、消費者金融会社も受付にかける人員を大幅に削減できるので、少人数で大量の申込みを処理できるようになり、法改正前後の収益低下したビジネスモデルに適していると言えます。
しかし、一見、良いことずくめと思われるWEBキャッシングも、その便利さゆえの、弱点があるので、理解しておいた方が良いでしょう。

♦一次審査には弁明の余地がない

以前、「アローへの申込みレポート」でも詳しく記しましたがアローの審査には、一次審査と二次審査があります。
内、一次審査は、申込みフォームへ入力された内容と、指定信用情報機関の情報だけで判断されることになります。
この審査の段階では、申込み者から、弁明をする機会は基本的にはありません。
そのため、指定信用情報機関の更新漏れなど、本来可決となるのに、誤解によって否決になるケースも、実は多いと思われます。

♦審査では、疑わしきは否決になります

申込者から、よくよく事情を聞けば、本来、可決となるかもしれませんが、一次審査は、単純な書面審査なので、勘違いや誤解で否決となってしまうことがあります。
具体的には次のような項目が考えられます。
・本来、自己破産や債務整理をして、過去の負債は消滅しているはずなのに、指定信用情報機関の更新漏れで、長期延滞のままの状態になっている。
・指定信用情報機関の借入状況が「該当なし」の状態で、不審に思われる。(5年以上前に自己破産をしており、それ以前の借入情報が抹消されているだけというケースも有り得る。)
WEBキャッシングの導入で、少人数で大量の申込みを処理する場合、このような、更新漏れなどのレアケースにまで、対応しきれていない可能性は大です。

♦自分自身で対策するしかありません

これは、管理人が、当サイト及び、姉妹サイトで、既に何度も、記事にしていることですが、このような、勘違い、誤解による否決は、申込者が自分で対策するほか、防ぎようがありません。
方法としては、今のところ以下の方法しかありません。
①申込みフォームの【債務整理等の経歴】欄に、自己破産や債務整理をしている場合は必ず入力しておく。

 

 

指定信用情報機関に開示請求をして、自分の信用情報に誤りがあれば訂正してもらう。

※現在、アローでは、「過去に自己破産や債務整理をした方」は審査対象としており、そのことは、隠す必要はありません。
むしろ、破産や債務整理をしているのに、「長期延滞者」と誤解をされて否決になることをいかに防ぐかが大事なポイントになります。

※当サイトは「キャッシング研究所」がプロデュースする、消費者金融アロー専用の情報サイトです。
キャッシング情報サイトの中には、「審査が甘い」ことを強調しただけの単なる宣伝目的のサイトも多く存在しますが、当サイトでは、消費者金融業界に詳しい専門スタッフが、アローでの借入と審査について徹底調査、解説しています。
記事の内容はどこにも負けていないと自信を持っています。
安心安全なキャッシングに役立てて下さい。

この記事を読まれた方はこちらの記事も読んでいます。