アローでは、公式ホームページの「新規申込みフォーム」に「契約事前説明書」を公表しています。

 

 

これは、実際の契約締結をする前に契約内容を説明するため、改正貸金業法施行後に交付が義務付けられた書面です。
アローは、この書面上で、貸付額10万円から99万円まで5万単位で、それぞれ36回以内と60回以内の2パターンで、毎月の返済額と総返済額を算出しています。

もちろんこの金額は、借入れ日と毎月の返済日を仮定した場合の金額なので、実際に利用した際の金額とは多少異なってきますが、おおよその目安にはなります。

実質年率18%と言われても実際に負担する金額はいくらになるのか、いまひとつピンとこない方も多いと思いますが、この表を確認すれば一目瞭然で非常にわかりやすくなっています。

例えば10万円の貸付金を毎月4,000円で返済した場合は、返済回数は32回で返済金合計は約126,165円となっています。
言い換えれば、3年弱の利用で、約26,165円の金利負担、1年間で約8,721円の金利負担ということになります。
(もちろんこの金額は、途中で枠内追加融資などを受けなかった場合の金額です。)
この金額を高いと感じるか安いと感じるかは、人それぞれだと思いますが、大手に比べてリスクの高い層への貸出しが中心となるアローのような中堅消費者金融会社にとっては、貸倒れリスクを見込めば、決して高い金利とはいえないでしょう。
アローのように「契約事前説明書」をホームページで公表している会社は限られているので貴重です。一度、参考にすることをおすすめします。

※当サイトは「キャッシング研究所」がプロデュースする、消費者金融アロー専用の情報サイトです。
キャッシング情報サイトの中には、「審査が甘い」ことを強調しただけの単なる宣伝目的のサイトも多く存在しますが、当サイトでは、消費者金融業界に詳しい専門スタッフが、アローでの借入と審査について徹底調査、解説しています。
記事の内容はどこにも負けていないと自信を持っています。
安心安全なキャッシングに役立てて下さい。

この記事を読まれた方はこちらの記事も読んでいます。