R̒ʂ钆ҋZ

消費者金融会社の審査の通りやすさを計る目安として、業界では「可決率」という基準があります。可決率とは、申込件数に対する可決件数の割合のことで、以下のような簡単な数式で計算できます。

可決率=審査に通った件数÷申込件数

現在、破産債務整理をした方にも柔軟な審査を行う消費者金融会社は、アローの他にも、インターネット上でも数社見受けられます。
しかしそのほとんどの消費者金融会社の可決率は低く、5%を切っている会社も珍しくありません。(中には1%台の会社もあります。)
仮に5%としても単純に考えて100人に5人しか審査が通らない計算です。

それに比べて、アローの可決率は、正式は数字は公表していませんが、当サイトの調査では、6%~8%前後の数値という結果が出ています。
6%~8%という数値でも低いと感じる方も多いと思いますが、申込者の一定数は、消費者金融側が可決にしても、キャンセルや連絡が取れない人が存在します。実質で6~8%の可決率が出ているということは、10%前後の承認を出していると推測されます。

アローがこれだけ高い可決率が維持できる秘密は、以下のような理由が考えられます。
①改正貸金業法施行後に営業を開始した新興業者なので、老舗業者のように、過払い返還などで経営が圧迫されるといったことがなく、資金力がある。
②競合他社が淘汰されているので、集客にもそれほどコストがかからない。
③融資をした後も、総量規制が導入されているため、他業者の貸付けで顧客の負債が増加しにくい。

また、インターネットキャッシングを新たに開始した直後に、一時、可決率が極端に高くなる会社もありますが、これは、知名度UPと集客を一気に狙ったものなので、しばらくすれば可決率は、徐々に下がってくるのが普通です。
しかし、アローの場合は、2013年9月に、インターネットキャッシングを開始してから、毎年、少しずつ可決率が上がってきているといった特徴があります。
このように、アローの高い可決率は、一過性のものではないので、今後も期待が持てるでしょう。

 

※当サイトは「キャッシング研究所」がプロデュースする、消費者金融アロー専用の情報サイトです。
キャッシング情報サイトの中には、「審査が甘い」ことを強調しただけの単なる宣伝目的のサイトも多く存在しますが、当サイトでは、消費者金融業界に詳しい専門スタッフが、アローでの借入と審査について徹底調査、解説しています。
記事の内容はどこにも負けていないと自信を持っています。
安心安全なキャッシングに役立てて下さい。

この記事を読まれた方はこちらの記事も読んでいます。

R̒ʂ钆ҋZ