現在、柔軟な審査を行っているアローですが、申込みをした人、全員が審査に通るわけではありません。残念ながら一定数は審査が通らない方もでてきます。
もし、アローに申込みをして審査に通らなかったとしても、何が原因で審査が通らなかったか分析することは重要です。
今後、改めて申し込みをする際に、その原因が改善されていれば審査に通る可能性はありますが、その原因が改善されないままだと、何回申し込みをしても否決になるだけです。

●審査が通らない理由その①

【公表されている契約禁止項目に該当している】
アローの公式ホームページ「新規お申し込みフォーム」には、下記の注意事項の記載があります。
・未成年及び66歳以上の方はご契約出来ません。
・健康保険未加入の方はご契約出来ません。
・無職の方はご契約出来ません。
・現在、他社のご返済が遅れている方はご契約出来ません。
・自営業者の方で確定申告等年収証明が提出できない方はご契約出来ません。
この内容に該当している場合は、もちろん審査は通りません。

●審査が通らない理由その②

【居住・勤続年数が短すぎる】
アローに限らず、消費者金融の審査は”安定性重視”です。一般的な中堅消費者金融の基準として、居住・勤続年数は、できれば1年以上、少なくとも半年以上はないと審査は不安です。

●審査が通らない理由その③

【現在、改善されているが、過去1年以内に他社の著しい延滞がある】
アローが利用している指定信用情報機関(株式会社日本信用情報機構(JICC))では、「延滞情報」は延滞継続中の間、登録されています。
ただし、延滞が解消されても「延滞解消」という登録が1年間は登録されることになります。
また、過去1年間分の延滞日数も記録されています。延滞が解消されても、その先最低1年間は、新たな借入の審査は困難になります。

≪注意点≫
問題が改善されたとしても、最終申込日から3ヵ月は空けて申し込むのが無難(こちらを参照)です。
短期間に何度も同じ会社へ申し込むのは、無駄に信用低下を招く可能性もありますから注意ください。

 

≪独自審査≫株式会社アローのWEBキャッシング!

※当サイトは「キャッシング研究所」がプロデュースする、消費者金融アロー専用の情報サイトです。
キャッシング情報サイトの中には、「審査が甘い」ことを強調しただけの単なる宣伝目的のサイトも多く存在しますが、当サイトでは、消費者金融業界に詳しい専門スタッフが、アローでの借入と審査について徹底調査、解説しています。
記事の内容はどこにも負けていないと自信を持っています。
安心安全なキャッシングに役立てて下さい。

この記事を読まれた方はこちらの記事も読んでいます。