柔軟な審査で有名なアローですが、パート・アルバイト・学生・専業主婦など、一般的に低所得と思われる層の貸出し状況はどうなっているのでしょうか。
アローに直接問い合わせをして確認してみましたので参考にして下さい。

○パート・アルバイト
安定した収入があれば、審査可能。ただし年収の3分1以上借入がある場合は融資できません。

○学生
学生向けの商品はありません。

○専業主婦
無職・無収入であれば、「総量規制」のため融資は難しい。

また、総量規制の例外となる「貸金業法に基づく借換ローン」の可能性についても、「新規での高額融資はあまり行っていない」と消極的です。(基本的には取引実績のある増額で対応)

このようにアローの審査では、低所得層も審査対象としているが、総量規制に抵触しないことがポイントになっています。
総量規制の範囲内であれば、たとえ低所得であっても審査が通る可能性はありますから申込みをする価値はあります。

♦アローでの年収確認について

大手消費者金融会社のほとんどは50万円以内のキャッシングであれば、年収確認のために年収証明書など「収入を証する書面」の提出は不要です。
しかし、アローでは、50万円以内の融資でも、「収入を証する書面」の提出は必須となっています。
年収額は低収入であっても正直に申告するようにしましょう。
アローのキャッシング必要書類の詳細はこちらを参照してください

 

※当サイトは「キャッシング研究所」がプロデュースする、消費者金融アロー専用の情報サイトです。
キャッシング情報サイトの中には、「審査が甘い」ことを強調しただけの単なる宣伝目的のサイトも多く存在しますが、当サイトでは、消費者金融業界に詳しい専門スタッフが、アローでの借入と審査について徹底調査、解説しています。
記事の内容はどこにも負けていないと自信を持っています。
安心安全なキャッシングに役立てて下さい。

この記事を読まれた方はこちらの記事も読んでいます。