インターネットの口コミでは、対応も良く柔軟審査と評判の高いアローですが、実際はどうなのでしょうか。
今回はアローにキャッシングの申込みをしてみて、生の感想を実践レポートとしてお届けしてゆきたいと思います。
お申込みを検討している方は是非参考にしてください。

①公式ホームページからから申し込む
キャッシングの申込みは、アローの公式ホームページの【今すぐお申込み】をクリックすることから始まります。
申し込み方法は、「ネットでお申込み」「FAX・郵送でお申込み」を選択できます。
今回は、「ネットでお申込み」を選択します。

 

 

②新規お申込みフォームに必要項目を入力する
【今すぐお申込み】をクリックすると、【新規お申込みフォーム】に入れます。
ここで「お客様情報について」「自宅情報について」「連絡先について」「勤務先情報について」「配偶者についいて」「他社お借入状況について」など必要項目の入力を行います。
入力項目のほとんどが入力必須項目になっていて、入力箇所がやや多いので、ちょっと面倒に感じるかもしれません。
また、【新規お申込みフォーム】には、
・未成年及び66歳以上の方はご契約出来ません。
・健康保険未加入の方はご契約出来ません。
・無職の方はご契約出来ません。
・現在、他社のご返済が遅れている方はご契約出来ません。
・自営業者の方で確定申告等年収証明が提出できない方はご契約出来ません。
との注意書があるので、該当する方は、申込んでも審査は通過しないと思われます。
入力が全て完了したら、各種同意条項の同意確認として、「同意します」にしるしをつければ次に進めます。

③入力内容の確認をして申込みをする
ここは、【新規お申込みフォーム】で入力した項目の確認画面になります。
入力内容に間違いがなければ、「送信」をクリックして申し込みを行います。

 

 

また、注意事項として、
※一次審査を通過されたお客様のみ、メール又はお電話にてご連絡させていただきますので予めご承知おき下さい。
とありますので、一次審査に通過しなかった方への連絡は行っていないようです
ただし、申込みをした時間によっては、可決の場合でも審査結果の連絡が申し込んだ当日に入らない場合もありますから、不安に思われる方は、直接電話で、問い合わせても良いでしょう。
ここまでの手順の中では、同業他社と比較しても特に遜色はないと思います。
一次審査の結果連絡が可決の方のみで否決の人に入らないのは、やや不親切な印象もあります。しかし、大手と違い、かけられるコストが限られている中堅消費者金融の中で高い可決率を維持している以上、やむを得ない対応かもしれません。

アローへの申込みレポート・その②へ続く)

≪株式会社アロー≫過去に自己破産・債務整理された方もご相談下さい。(要審査)


※当サイトは「キャッシング研究所」がプロデュースする、消費者金融アロー専用の情報サイトです。
キャッシング情報サイトの中には、「審査が甘い」ことを強調しただけの単なる宣伝目的のサイトも多く存在しますが、当サイトでは、消費者金融業界に詳しい専門スタッフが、アローでの借入と審査について徹底調査、解説しています。
記事の内容はどこにも負けていないと自信を持っています。
安心安全なキャッシングに役立てて下さい。

この記事を読まれた方はこちらの記事も読んでいます。