インターネットの口コミでは、対応も良く柔軟審査と評判の高いアローですが、実際はどうなのでしょうか。
今回はアローにキャッシングの申込みをしてみて、生の感想を実践レポートとしてお届けしてゆきたいと思います。
お申込みを検討している方は是非参考にしてください。

⑦最終審査結果がでる

ヒアリング後、最終審査結果がでました。
希望金額(限度50万円)には届きませんが、融資は可能とのことでした。
(アローに限らず、中堅消費者金融会社は新規貸出しでいきなり限度50万円の与信がでることはほとんどあまりありません。)
在籍確認が問題なければ、翌日には振込可能とのことです。
(今回は即日キャッシングには時間的に間に合いませんでした。契約書を取り交わす前に融資可能でしたから、時間的に間に合えば、理論的には最短で即日キャッシングは可能ですが、ここまでの対応をすることを考えると、現実的にはかなり困難でしょう。

⑧在籍確認

勤務先での在籍確認をとられます。ちなみに本人が直接電話に出れなくても、在籍確認になるとのことでした。
(自宅固定電話が無く、携帯電話で申込みをしました。自宅電話がある場合は自宅で在籍確認が必要かは不明です。)
もちろん、アローという消費者金融会社の社名は出さずに、個人名で電話するとのことです。
(あやしまれないように営業電話を装うことも柔軟に対応してくれるようです。)

⑨融資・契約書類郵送

今回は時間の都合で契約説明を受けた翌日に融資になりました。
契約書類は郵送で、自宅に郵送するとの事です。
(自宅以外の場所への郵送が可能か否か聞きましたが、新規貸出しは原則、自宅郵送になるとのことです。)

≪総合評価≫
今回のレポートは、管理人の複数の知人の協力も得て、実際にアローに申込みをした実体験です。
申込する方によって多少の違いはあると思いますが、審査の流れはここに記載したことと同様と思われます。
良かった面としては、
・社員の対応はとても親切で丁寧。(ヒアリング担当も低姿勢で丁重だった)
・可決率は他の中堅消費者金融会社よりも高いと思われる。

気になった面としては、
・ヒアリング内容がやや細かい
・一次審査否決の場合は連絡が無い
・身分証・年収確認書類などの提出が必要。(いそぐ場合は事前準備が必要)
・スピード的に申込みをした当日の融資は限りなく困難。

があげられます。
サービス面では大手消費者金融会社に劣るものの、柔軟審査に対応する中堅消費者金融会社としては十分及第点といえるでしょう。
今後も新たな情報があれば、サイト上で報告してゆきたいと思います。
みなさんの申込みが可決になりよう祈ります。

※当サイトは「キャッシング研究所」がプロデュースする、消費者金融アロー専用の情報サイトです。
キャッシング情報サイトの中には、「審査が甘い」ことを強調しただけの単なる宣伝目的のサイトも多く存在しますが、当サイトでは、消費者金融業界に詳しい専門スタッフが、アローでの借入と審査について徹底調査、解説しています。
記事の内容はどこにも負けていないと自信を持っています。
安心安全なキャッシングに役立てて下さい。

この記事を読まれた方はこちらの記事も読んでいます。